コラム

似顔絵師に必要な能力は、特徴を捉える能力よりも、特徴を捉えられていないことに気付く能力

更新日:

特徴を捉える力が弱くても、特徴を捉えられていないことに気付けば、修正出来る。

1発で特徴を捉えられるのが理想だが、そんなことが出来るのは、ごく一部のむちゃくちゃ上手い人だけで、プロでもほとんどの人が下書きで特徴を探る作業をする。

むちゃくちゃ上手い人達もたくさんの数を描いて身につけただけで、最初から上手かった人はほとんどいない。

だから必要な能力は特徴を捉える能力よりも、特徴を捉えられていないことに気付く能力。

線を引いた時に「これは違う」という違和感に気付けるか。「もっと似せられるはず」と厳しい目で自分の絵を見られるか。

それが出来れば誰でも練習すれば上手くなれるはず。

自分の絵を嫌いになってしまっては意味がないが、自分の絵に対して甘すぎても駄目で、「好きだからこそ厳しくする」のが上手くなるコツ。







人気の記事

1

『サザエさん』風に似顔絵を描くのはムリじゃないか?というこちらの記事が面白かったので、少し本気を出して検証してみました。 まずはサザエさんイラストの「縛り」を研究すべく色んなキャラを模写しました。 こ ...

2

似顔絵のご依頼の中でも赤ちゃんの似顔絵の需要はとても多いです。 今まで様々なお顔の赤ちゃんを描かせて頂きましたが、我が子が生まれてからは自分の中で子供の可愛さの種類が増えて、似顔絵の観察の仕方もガラッ ...

3

史織さんのインタビューは私たち夫婦が運営する大阪の似顔絵教室にて行われました。 生徒さんはよく 「デフォルメ(誇張)された似顔絵が苦手」 「描くのが怖い」 と言います。 そこでデフォルメ=ただの悪意で ...

-コラム

Copyright© 似顔絵情報サイト「ニテンナ」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.